鈴木まいたけ園|群馬県みなかみ町|まいたけの生産・販売|まいたけ「すくよか」|乾燥まいたけ・まいたけご飯の素

 
   
揚げる
ストレスなく健やかに育つ「すくよか」は、細胞が固まることがないのか、堅い部分がありません。そんな「すくよか」の特徴は、何といっても手で裂けること。包丁は使わず、ぜひ手で裂いて調理し、繊細な香りや風味を損なうことなく味わってみてください。
また、「すくよか」は特に天ぷらで料理したときにおいしく仕上がる工夫として、葉を小さく、茎を長くしています。油で揚げると、衣の中に舞茸特有の芳香と風味がギュッと凝縮され、噛みしめるごとに舞茸の程よい甘みと深い旨味が口の中に広がります。是非一度ご賞味ください。
 
※都内にある都道府県アンテナショップの情報サイト「風土47」より引用

都内にある都道府県アンテナショップの情報サイト都内にある都道府県アンテナショップの情報サイト

都内にある都道府県アンテナショップの情報サイト

   
煮る
煮物にしても、その生き生きと素直に育てられた細胞は出汁をよく吸い、味なじみがよく、それでいてシャキッとした歯応えが残ります。
「舞茸らしい味と香り、しっかりとした歯応えがあっておいしい」と評判の「すくよか」。
画像の煮物では、かぼちゃしんじょと小松菜に「すくよか」を炊き合わせ、あんをかけて仕上げております。
 
※都内にある都道府県アンテナショップの情報サイト「風土47」より引用
   
炒める
「すくよか」をおいしく食べるコツは、天ぷらの場合は油の温度を最初は160℃くらいのやや低めで揚げ始め、揚がり際に170℃にしてカラリと揚げること。
煮物では、煮過ぎずにサッと炊くと、歯応えが損なわれず香りと旨みもそのままに、おいしく召し上がれます。
もちろん、サッと炒めて塩コショウや醤油など好みの味をつけるだけでも格別な味に仕上がります。
揚げても煮ても炒めてもよしの逸品「すくよか」。多彩な調理方法によって生み出される舞茸の豊かな味わいを、是非お試しください。
 
※都内にある都道府県アンテナショップの情報サイト「風土47」より引用
<<有限会社鈴木まいたけ園>> 〒379-1618 群馬県利根郡みなかみ町阿能川113 TEL:0278-72-5335 FAX:0278-72-6630